忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前略、千葉より・・・・
庭japanの皆様、ご無沙汰です。

千葉のヨッパライこと檀上庭園の檀上健太郎です。

庭japanのブログ開設にあたり、皆様とより一層深く語らいの場になることを願い、先ずはワタクシのほうから、

最近の雑感というか、思いを綴らせていただきます。

温故知新・・・・・

茶道の世界における寸法や決まりごと・・・・・

皆さんはどうお考えでしょうか?

20代の頃の私はお茶の稽古に行っていたにもかかわらず決まりごとや寸法がとても難しく、窮屈に感じて大嫌いでした。

その後縁あっていくつか茶庭の仕事を経験する機会が出来、必要に応じて義務的に勉強するようになりました(といってもすぐ忘れてしまう未熟者ですが)ただあくまでも義務的に・・・・

最近になって、寸法が「間」を造る様に感じるようになりました。

寸法を追っていくことによってそこに生じる間・・・・・
例えば畳割りに対する柱と柱の間・・・・・
待合の腰掛の高さと役石の高さによって生じる間・・・・・
塵穴の深さに対する塵箸の長さによって生じるたたきに対する塵箸の出の間・・・・・

などなど使いがってを伴って寸法によって生じる美しい間を最近感じ始めました。

勿論、私は茶庭師ではないし、感じ始めたというだけで、全てを理解しているわけでもありません、また全て寸法どうりにいくわけではないと理解しているつもりです。

ただ、昔は自身古臭い窮屈なもの、覚えなきゃいけないものと感じていたものが、ヒントの宝庫だなと感じるようになってきました。

皆さんはいかがお考えでしょうか?


自然風?造形的?・・・・

昨年末とあるテレビ番組で北野武さんが熊野古道から伊勢神宮を二年越しで回り双方の自然観の違いをかたっておられました。

私自身どうにも気になって、今年の年始に熊野三山から伊勢神宮まで強行日程で駆け足で廻って来ました。
(勿論車と歩きですよ体力無いんで(笑))

夜明けに見た那智の大滝には心を打たれましたし、熊野古道に関しては自然に対して畏敬の念や恐れを持ちながら共生を目指しているように感じました。

一方、伊勢神宮の方はユートピアというか自然の中に造られた清らかな世界といった感じを持ちました。
石積みや巨木など力強さはかんじましたが・・・

どちらも自分にとっては庭と感じました。

最近風潮として、自然風また造形的といったようなカテゴリー分けを強く感じますが、本来日本人は中間に位置取り様々なものをうまく取り入れて暮らしてきた民族であり文化だと思っています。

造形的庭を非自然的というような言葉もききますが、サグラダファミリア建築に対してガウデイは自然界に直線は無いといったような考えで向かったように記憶しています。
ただ自然観及び捉え方のちがいだけのように感じるのですが・・・・
皆さんはどうお考えでしょうか?

私自身まだまだ未熟者ですが、年始に双方とも庭と感じた気持ちをもって今後も頑張ていこうと思います。

長文でまとまりの無い雑感になってしまいましたが、ここを通じて皆さんとまた深く語らっていければ幸いです。



PR
「御挨拶」 第0回庭JAPAN編集長 川部純 

NHKのとある番組で、岡山の禅寺で欧米の人たちが、

住み込みで修業をしている映像が流れていた。

彼らは、今の自分自身を見つめ直す為、

そして、これからの自分の生き方を考えるために、

わざわざ日本の岡山に来ているのである。

その様子をテレビで見たワシは、

その辺りにいる日本人以上に、彼らが日本であるように思えた。

そして、もしかすると、

日本人が今、探し求めているのは、

実のところ日本ではないかとも思った。

庭に携わる我々は、日本に最も近く、

これによって社会に関わることで、

現在の日本人に日本を意識させることのできる日本人なのである。

『庭はJAPANか JAPANは庭か』

とても、深淵なテーマであるけれど・・・、

日間賀島のうまい魚とうまい酒を味わいながら、

おおいに語り合おう!

          2008年1月 庭(28=ニワ)
          文化が永遠に続く(00=)年の初めの月に

                     「庭JAPAN」編集長  川部 純
第0回 全日本庭サミット 庭JAPAN の様子

おめでとうございます。


先日、

「第0回全日本庭サミット 庭JAPAN」を

日本の真ん中で貝がとれる島=愛知県・日間賀島

にて

無事開催することが出来ました。


第0回ということもあり

これから始まることの

「種をつくる」ことが出来れば最高

っちゅうスタンスやった。


日本中から庭師を中心とした

さまざまなジャンルのクリエーター(建築・デザイン・絵・染物etc.)達が

高速船に乗り

日間賀島に渡った。


船は不思議だ。

島は不思議だ。

完全に日常から切り離される。




陽が海に近くなり

景色が紫色に染まり始めた頃

庭JAPAN」がはじまった。



「技術や文化を伝える場ではなく
庭・JAPANというものを
ザックリ自分の中に形作る場にしたい」

ことを告げる。


それは人それぞれ様々やし

誰にも真似できず

誰にも奪われることのない

自分だけのものになるはずや。


つぎに

庭を書く。



みんなで「庭」を筆で書く。



コンナになった。

庭JAPAN」に集まったみんなが

みんながつくった「庭」達に囲まれた。


キモチイイ。

やっぱり
それぞれ違う。


そして

「赤っぽい字には赤のシール」を

「黄色っぽい字には黄のシール」を

「緑っぽい字には緑のシール」を

それぞれ3種類のシールを持って

貼っていってもらった。



(このあたりから写真担当のm28eトモキの腕がブレはじめる。)

ここで「庭JAPAN」第1部の終了。


1時間ほどのお風呂休憩。

その間に

N-treeの長崎さんとやまぎわ夢創園の山際くんとともに

第2部の席を

「赤の席」「黄の席」「緑の席」「ミックスの席」

の四つにわけ

字に赤のシールが多かった人は「赤の席」

黄色のシールが多かった人は「黄の席」

緑のシールが多かった人は「緑の席」

色の数が同じくらいの人は「ミックスの席」に座ってもらい

シールがなかった人たちは均等に4つの席に振り分けた。


コレがはじめてみると

その席その席で特色(カラー)が出て

予想以上に面白く・盛り上がった。

※「シールのない人たちは完全プレーンな人たちやからその席もつくって欲しかった」という言葉にモットモやと思った




今回の会場「とくがね」さんが用意してくれた最高の料理(魚)。



フグの鶴も何羽も飛んどった。




日間賀島の島人達も合流し

人と人

作品と作品

人と作品

人と魚

人と酒

庭とJAPAN

庭と人

人とJAPANが入り混じり

ひとつの大きなウネリとなって

島中を駆け巡った。

(すでにトモキの腕もブレブレ。)


庭JAPAN」に参加した人の心の中に

何かの種が入り込み

日々の栄養を吸い上げ

発芽し

成長していくだろう。


第2部が終わり

庭JAPAN」が終わった。


「話・飲み・食べ足りないヒト」はそれぞれ個々に、の言葉に

ほとんどの人が立ち上がり

夜のヒマカに消えていった。




いや・・・すごかった。





SPECIAL THANKS TO

日間賀島観光協会、日間賀島観光協会青年部、島のり会、㈲龍居庭園研究所、BARCOS、㈲小倉や、海と島から、COUPGUT、日間賀島、プチグラフィックス、CORPS、庭JAPAN第0号原稿執筆者:河西力氏・日比野克彦氏・長崎剛志氏・和田基示氏・佐々木貴之氏、参加して頂いたすべての皆様

| top |
|
プロフィール
名前:
全日本庭サミット 庭JAPAN
誕生日:
2008/01/06
自己紹介:
心に庭をもつ

すべての人たちの

庭としての巣

それが

庭JAPAN



・・・・・・・・・

庭JAPAN参加者紹介のページは参加された方のみに公開しています。

IDとパスワードを入れてご覧下さい。

ご不明な点は m28e まで↓
info@m28e-tsukuru.jp
tel 0586-82-6582
fax 0586-82-6583

・・・・・・・・・
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
twitter
バーコード
カウンター
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny