忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

庭とアート実践編 [ 東京こよみのよぶね ] やりました。
庭とアート実践編[東京こよみのよぶね]に参加お手伝いしていただいた皆さん
 
 
その節は大変お世話になり有難うございました。
 
愛知の庭師 古川です。
 
 
こんなメールをいただきました。↓
 
 
 
古川乾提様
 
東京藝大助手の安田です。
先日のこよみのよぶね設置ではすばらしいお仕事本当にありがとうございました。
地元の方からも、多数感嘆の声が上がっていました。来年は是非広いところで、
という声も
聞こえてきます。
 
 
 
これもひとえに皆さんのファンキーな仕事ぶりのおかげです。
 
アーティスト、地元の人々、観光客、みんな一様に
 
「な、なんじゃあいつら」
 
と感嘆した事と思います。
 
また自分たち庭師も打ち上げで
 
日比野さんから沢山のことを投げかけられ、また投げかけ
 
鳥取県、三徳山の「投入堂」(なげいれどう) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BB%8F%E5%AF%BA の役小角ように
 
あとは入れるだけとなってきました。
 
 
その入れるきっかけになる出来事を
 
日比野克彦氏が現在東京で行っているのでお知らせします。
 
 
催事名
日比野克彦 個展「ひとはなぜ絵を描くのか」
会期
2010年10月30日(土)~12月13日(月)
時間
12:00-19:00、金・土曜日のみ20:00まで(最終入場は終了の30分前まで)
休場日
火曜定休(ただし、祝日の11月23日はオープンとなり、翌24日は休場)
会場
1F メインギャラリー
入場料
一般500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
障害のある方とその介助者1名に限り入場無料となります。
入場の際に受付にて手帳をご提示ください。
主催
3331 Arts Chiyoda
協賛
Google
協力
アネスト岩田株式会社、岐阜県・JA全農岐阜、株式会社精興社、株式会社ムラヤマ、セーレン株式会社、ターナー色彩株式会社、東洋インキ製造株式会社、一般財団法人 民際センター、ユザワヤ商事株式会社、レンゴー株式会社
後援
財団法人日本サッカー協会(HIBINO CUP)
 
 
 
打上げにて熱く語り合った日比野さんの8年ぶりに東京で行う個展です。
 
俺はこよみのよぶねの翌日に見に行きガツンを受けて帰ってきました。
 
 
「ひとはなぜ絵を描くのか」
 
 
アーティストというのはここまで赤裸々になぜ絵を描くのかということをさらけ出してしまうのかと戦慄を憶えました。
 
果たして庭師でここまで「なぜ人は庭をつくるのか」と向き合っている人がいるのか?
 
自分の中に新たな種が植えこまれました。
 
 
俺はけっして日比野フリークではありませんが
 
良いものは良いと言おうと思っています。
 
庭JAPAN「庭とアート実践編」に参加していただいた皆さんには
 
その行為を結実させるために
 
ぜひ見ていただきたいモノづくり(づくられた)場です。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 |
プロフィール
名前:
全日本庭サミット 庭JAPAN
誕生日:
2008/01/06
自己紹介:
心に庭をもつ

すべての人たちの

庭としての巣

それが

庭JAPAN



・・・・・・・・・

庭JAPAN参加者紹介のページは参加された方のみに公開しています。

IDとパスワードを入れてご覧下さい。

ご不明な点は m28e まで↓
info@m28e-tsukuru.jp
tel 0586-82-6582
fax 0586-82-6583

・・・・・・・・・
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
twitter
バーコード
カウンター
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny